LIVE

下北沢440『El Topo sesiones』おおはた雄一×tatsu×宮川剛

UPDATE2021.11.21 EVENT
 
おおはた雄一 4Days
2021年 12月 14日(火)
『El Topo sesiones』おおはた雄一×tatsu(B) ×宮川剛(Dr)
 
【会場】下北沢440(four forty)
 
 
開場 18:30 / 開演 19:00
来場チケット:¥3,800(1D¥600別)/ 当日¥500up 
 e+イープラス 入場:整理番号順 通し券No.1~ →各日券No.11~
 
4日通し券 ¥12,000(前売のみ)https://eplus.jp/sf/detail/3532760001-P0030001
 
 
配信開始:19:00~
配信チケット:¥2,500+ドネーション
 Streaming+
  サポートチケットA~D は、応援投げ銭付きチケットです。
  ※内容は、通常の視聴券と同じです。
販売期間: 11/20 12:00~12/20 20:59まで
アーカイブ:~12/20 23:59まで(6日間)
 
 
 
 
 
=出演者プロフィール=
tatsu  (BASS)
1987年にレピッシュのべーシストしてデビュー。日本のスカパンク創世記を担う。その後、数々のセッション、プロデュースをを行いつつ現在にいたる。
 

 
宮川剛(みやがわつよし)
ドラマー。1970年生まれ、長崎県出身。中学時代YMOのコピーバンドでドラムを始め、Small Circle of Friendsで上京後、cruyff in the bedroom、忌野清志郎ラフィータフィー、忌野清志郎NICE MIDDOLEを経て、現在は宮沢和史率いるGANGA ZUMBAの他、数多くのアーティストのツアー、レコーディングに参加。
 
 
 
おおはた雄一
シンガー・ソングライター、ギタリスト。2004年アルバム「すこしの間」でデビュー。代表曲「おだやかな暮らし」は多くのアーティストにカバーされている。自身のアルバム制作のほか、楽曲提供や、ギタリストとしても数多くの作品に参加。CM音楽・ナレーション、映画音楽や、芝居の音楽制作も行う。
2021年秋、10thオリジナルアルバム「Rhythm Motif」をリリース。
ギターインストによるライブ「Portrait」にも取り組んでいる。
 
(Photo by 永積崇)